浸水させないために心がけておくケアとは?

機械式時計を故障させる原因で最も多いのが、浸水によるものです。完全防水であればほとんど気にする必要は無くなりますが、生活防水程度であれば簡単に浸水してしまう可能性があるということを、十分認識しておきましょう。防水モデルでも浸水してしまうのは、リューズをしまい忘れてしまうのが主な原因です。つまり、よほど脆弱な機械式時計でもない限りは、リューズを起こしたら必ず戻すということを習慣付けておけば浸水による故障を劇的に減らすことができます。

機械式時計が衝撃に弱いワケ

機械式時計で必ず気をつけておかなければならないのは、衝撃を与えないという点です。そのため、激しい運動を避けたり、腕を動かす作業をする際は外すといった事を心がけなければなりません。また、保管場所も落下や物が落ちてくる危険性のある場所は避けるように心がけましょう。機械式時計に衝撃を与えると内部の部品が外れてしまう可能性があるとともに、ゼンマイから正しく動力が伝わらなくなるという危険性が生じてしまいます。

磁気はとても厄介な機械式時計の敵

磁気も機械式時計を故障させる、大変厄介な敵です。一度磁気を帯びて内部の振り子機構が正常に動作しなくなると、オーバーホールに出して脱磁処理や大幅な部品交換をしなければいけなくなります。しかし一方で、現代社会は特に電気製品を中心に磁気を発するものに多く囲まれています。パソコンで作業をする、携帯電話は時計をしていない方の手で扱うといったことは機械式時計を扱う上で必要な手入れの一環だと心得て、磁気にさらされないよう心がけましょう。

オーデマピゲは世界三大高級時計のメーカーであり、繊細なデザインをしていることから多くのファンがいます。

オーデマピゲの価格の関連記事
ロイヤルオークの時計について