優しい甘さ中田屋のきんつば

昭和9年創業の老舗・きんつば中田屋。ここの看板商品きんつばは、金沢市民の手みやげとしても人気の和菓子です。その魅力は、なんと言っても触感と甘さ。なめらかな寒天に包まれた、厳選の小豆がぷつぷつと舌に触れます。甘さは控えめ、後味すっきりの上品な風味。お茶によく合う和菓子です。1個から販売しているため、気軽に購入でき、おすすめ。気をつけてほしいのは、賞味期限です。10日ほどで設定されていますので、すぐ会える人向けのおみやげです。

見て食べて楽しめる諸江屋の落雁

こちらの諸江屋は、江戸時代から続く老舗。落雁というと、ご年配向けの和菓子のイメージがありますが、諸江屋はそれを覆す新たな商品を提供しつづけています。たとえば「花うさぎ」という商品は、折り紙のような可愛らしいパッケージに、カラフルな花形の落雁が入っています。ココア味もあり、若い女性に人気です。江戸以来の伝統技法で、こだわりの和三盆をつかって生み出される落雁。日持ちもしますので、おみやげにぴったりの1品です。

からみつく濃厚なこしあん森八の蛇玉もなか

こちらの森八も、江戸時代から続く老舗です。加賀藩や宮内庁にも献上しており、歴史と格式をもつ、金沢を代表する和菓子屋のひとつです。ここの蛇玉もなかは、金沢市民のお茶うけとしても根強い人気を誇る1品。しっとり柔らかな皮につつまれた濃厚なこしあんは、舌や喉にからみつく濃厚さがインパクト大です。甘さがあるお菓子ですので、濃いめのお茶によく合います。こちらも賞味期限は10日と短めですが、ぜひ試してほしい伝統の和菓子です。

枝豆を原料にしたずんだ餅は通常の餅菓子より日持ちしないことから、取り扱いには注意する必要があります。家庭で保管する場合は清潔な容器に仕舞い、冷蔵庫に置くことが品質を維持するための心得です。