ペットの洋服はオシャレに進化してます

ペットが家族の一員として室内で飼われる小型犬も増え、最初はオシャレで可愛いという理由で洋服を着た犬が見られるようになりました。最近では寒さ対策や抜け毛防止のためなど、犬の健康を考えた機能を持つ洋服が作られ、売られるようになりました。雨の日は犬も合羽を着て濡れないように散歩している姿も見かけますね。中には靴を履いている犬まで見かけます。人間よりもペットの方がオシャレな時代になってきているのかもしれません。

犬用の洋服にはどんなメリットがあるのか

犬用の洋服のメリットは、まず暑さや寒さに弱いペットの体を守ってあげられることです。最近は寒さに弱い犬種を飼う人も増えてきました。あまり紫外線を浴びさせない方がよい種類の犬もいます。逆に寒い地域の犬は暑さに弱く、体を冷やすための洋服やグッズなどが売られています。皮膚病にかかっている時は洋服で皮ふを保護した方がよい場合もあります。散歩中に蚊や虫に刺されるのも予防できますし、汚れも防げます。嫌がっているのに無理やり着せるようでは可哀想ですが、子犬の時から着せていればそれほど抵抗なく着るようになる犬が多いです。

既製品からオーダーメイドまで

ペットショップには犬のための洋服も売られています。お店によっては、布地や素材、飼い主の希望を聞いてオーダーメイドで作ってくれます。2頭以上飼っている時はお揃いの服にそれぞれの名前を付けた洋服を作ってもらうのも可愛らしいですね。犬の体を守る機能も大切ですが、可愛らしい洋服を着せたいと思う飼い主は多いでしょう。行きつけのお店があるなら、ペットの成長に合わせて次はどんな洋服ができるか待つのが楽しみになりそうです。

犬の洋服をファッションと勘違いしている方は多くいますが、冬などに犬の体温を維持するためには必要です。