機械式時計にとって水は禁物!?

機械式時計は大変デリケートな精密機械で、時計が不調になった際に自分の手で直すことはほぼ不可能です。機械式時計の修理は業者でも大変難しい作業で、熟練の職人でようやく達成できるようなものです。可能な限り必要な手入れを講じて、末永く使用したいものです。このような機械式時計を故障させる原因で最も多いのが「浸水」です。昨今は様々な防水性能を持ったものも発売されているため、過去ほど神経質になる必要はなくなりましたが、それでも水には十分警戒しておく必要があります。

機械式時計の防水性能とは?

機械式時計はそれぞれ防水性能が違うので、自分が所持する機械式時計がどこまで水に耐えられるのかを把握しておきましょう。非防水の場合は、雨などに濡れても浸水する可能性があります。このような機械式時計の場合は、とにかく水に触れる可能性がある状況の場合は装着しないように心がけましょう。生活防水対応であれば、雨や洗顔の際に装着していても浸水することはありません。当然水没させると浸水しますが、状況によっては少し水に触れただけでも浸水する可能性もあるため、水分はこまめに拭き取るようにしましょう。完全防水から、ようやく水の心配をする必要が無くなります。

ステンレス製の機械式時計は錆びない?

ステンレス製の機械式時計であれば、水などに浸けても錆びない印象があります。しかし、状況によってはステンレスでも錆びる場合があるので、注意が必要です。ステンレスは空気中の酸素と結合することによって、防錆効果のある皮膜を形成します。つまり、酸素に触れない状態にあると、ステンレスでも錆びる可能性があるのです。長期的に水分や汚れを拭き取らないといった状態で放置しておくと、あっさりと錆びが浮いてしまったなどということにもなりかねないのです。

女性からの人気が高い指輪で、結婚指輪でも広く選ばれているのが、創造性と伝統が融合しているブシュロンの指輪です。華やかでモダンなデザインの結婚指輪は、一生の思い出の指輪となることでしょう。

ブシュロンのキャトルを調査