疲労回復効果抜群。甘酸っぱい酢豚

豚肉のビタミンB1や酢に含まれるクエン酸には、疲労回復効果があります。これらの成分を同時に摂取できる美味しい中華料理が、酢豚です。酢豚を作るときのポイントとして、豚肉は1時間ほど酒に浸しておきましょう。こうすることで臭みも取れて、肉も柔らかくなるのです。酢においいては、黒酢を使うとさらに栄養価が高くなりますよ。夏バテ気味のときにも、酢豚ならさっぱりと食べることができて元気を回復できるでしょう。豚肉の代わりに、白身魚やイカ、エビなどを使ってアレンジしても良いですね。

野菜をたっぷり摂れる中華スープ

野菜をたくさん食べられる中華スープは、体の芯から温まり、冬場には特におすすめです。白菜、キャベツ、もやしにニンジン、きのこ類など、何を入れても美味しくできます。市販の中華の素を使えばプロの味に仕上がりますし、なければ鶏ガラスープを使いましょう。ポイントは、生姜の千切りを入れることです。ポカポカと体が温まるのを感じることができるでしょう。溶き卵やゴマを入れても美味しくいただけます。中華スープは作り貯めして冷凍保存しておけば、忙しいときにも便利ですね。

オリジナル餃子でスタミナアップ

豚肉とニラ、ニンニクなど、スタミナ食材をたくさん使う餃子は、免疫力も向上してパワーアップできる中華料理です。餃子の皮で包んで焼きますが、通常の豚肉とニンニクの具材以外にもオリジナルの具材を作ってみると、いろいろな味を楽しめます。例えばサツマイモ餡を包んでごま油で焼くと、ちょっとした中華風デザート餃子が出来上がりますよ。サツマイモを茹でてこしたものに砂糖と黄身を混ぜて餡を作り、餃子の皮で包むだけの簡単メニューです。サツマイモは食物繊維たっぷりで、腸内環境を良くしてくれますよ。いろいろな味のオリジナル餃子で、食卓もよりいっそう楽しくなることでしょう。

肉まんの場合、お肉の旨みをたっぷりと味わえるのが魅力で、寒い日に体を温めたい場合にも最適な食べ物です。